• 渡辺さとし

営業はいらない!?


-まだテレアポ・飛び込み営業なんてしてるの?-

という全盛期のイケダハヤト氏を彷彿とさせる

挑戦的なコピーとタイトルが気になっていた

三戸政和氏の「営業はいらない」を読んでみる。




「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」

同氏著のは、大企業の(資金もある)サラリーマン

マネジメント層の皆さん向けに、

経験のある業界でM&Aを進める

というような内容でしたので、

一般フリーランスの自分には

あまり応用できないなと感じていましたが。

営業が苦手であり、営業でもない自分にも

「営業はいらない」は読んでよかった内容でした。




冒頭あたりは、セールステックでコピーにもあるような

いわゆるテレアポ・飛び込み営業という旧来的な?

体育会的な?営業がより効力を失っていくという話。

“スマホやPCで多くの商品が買える時代に、

よくわからない人から商品を勧められても

そりゃ買わないよね。ネットで比較してから買うし。

というような感想(速読なので個人的な見解も?)“

その中で、サードプレイスを打ち出したスターバックス、

世界でもいち早く電気自動車に特化したテスラ・モーターズ、

といったエクスペリエンスを提供できる?

コト消費を実践している企業?が、

ITの時代にも勝ち残っているという話。

“そんな大企業の話をされても零細フリーランスですし”

と思いながら、流し読みしていると(速読なので個人的な見解も?)

ブルーオーシャン戦略をベースにした

“ブルーポンド戦略”というキーワードが登場



ブルーポンド戦略とは? ※「営業はいらない」より引用

未開の大海原(オーシャン)を探し出すのではなく、狭いながらも自分だけの価値ある池(ポンド)を見つける、もしくは創り出す戦略なのだ。営業マンが経営者となり「他社の模倣」を避け、「戦わずして勝ちにいく」なら、ブルー・オーシャン戦略の先にある、このブルーポンド戦略が有効だ。

“ブルーポンド戦略”を実現していくためには、

  1. 第一のミッション「規模の小さい市場で独占を達成する」

  2. 第二のミッション「身近な範囲で高い顧客ロイヤリティを生み出す」

“ブルーポンド戦略”という視点は、営業担当の人でなくても、

自分のような自営業やフリーランスにも応用しやすいかと。

大手企業が手掛けないような市場(地域)をフィールドとして、

自社の強みを活かしつつ、身近なお客様にファンになっていただく。

数億円を稼ぐと言われるYoutuberの皆さん、

ニッチな対象をSNSで拡散させたアーティストの皆さん、

などが、良い例になるのでしょうか?こちらは勝手な事例。

そういわれると、自社商品や自社コンテンツのない

コピーライターですと難しい気はしてきますが。

WEBやSNS、地域戦略、専門分野の確立などは

改めて今後、展開していくヒントになるかなと。

個人で数億円を稼ぐ必要もないので(できないので!)、

“ブルーポンド戦略”である程度、

一家で生きていく位は何とかしていく所存です!

といいつつ、まだ首都圏は外出自粛の世の中ですので、

気持ちをアイドリングしている状況ではありますが、

リモートワークも含めて、少しは仕事が

動いてきているのは良い流れかもしれません。

コピーライター事務所「ナベドコロ」 

東京・千葉・信州・テレワーク 渡辺さとし

1回の閲覧
  • Facebook
  • Instagram

MAIL

nave(at)likearolling.com

like.a.rolling.nave(at)gmail.com

〒272-0813 千葉県市川市中山4-18-6
東京の隣町、市川市を拠点として
東京都内中心に活動中。全国出張も可能です。

20文字から、2000文字まで。

価値が伝わるコピーライティングを。