• 渡辺さとし

桜が舞う頃、入園式




2020年4月初旬、長男の入園式。

といいつつ、今のところ息子一人ですが。

緊急事態宣言が出る前に、

少人数クラスということで。

入学式、卒業式は、

こどもにとっても、親にとっても、

一生に数回しかないもの。

まだまだやんちゃな子なので、

入園式は感動という流れでも

ありませんでしたが。



改めて写真を見てみると、

いい記念になりましたなと。

3年後に卒園する時、

「大きくなったなー!」

「ランドセル高いなー!」

とこの写真と見比べながら

泣いていたりするのでしょうか。

それまで、家族みんなで

健康でいたいものですよね。


少人数制でも、たとえば

写真を撮るだけでも、

入学式、卒業式は、

実施してあげてほしいな。

逆に、収束してから改めてでも。

自己中だった、こどもの頃は、

「学校行くのめんどくさいな」

「式とかおもしろくないよな」

「カワイイコでも見てるか」

「校長の話は長いよね」

「帰ってルパン三世見よう」

「部活って、軍隊かよ」

などと考えていたような、

生意気でひねくれた

少年だったよなと思い返したり。

だから、結局、組織に向かない

フリーランスになっていたりして(笑)

それでも、息子が生まれて

少しずつ成長していく姿を見て。

できないことが、できるようになること。

たとえ、できないことがあっても、いいこと。

関係ない人とくらべることの意味のなさ。

優れた人よりも、優しい人になってほしい。

生きやすい世の中をつくってあげたい。

などと思うようになってきていて。

「自分が大事」という視点が減った頃から、

任せていただける仕事も増えてきたような気もして。


これから、どうなることやら分からない世界ですが。

大事な息子が生きていけるように、

常識にとらわれず、向かっていこうと思います。

ウィルスが落ち着いて、もっとテレワーク化が進んだら。

信州に家を建てて(中古リノベでもいいかな?)、

取材や大事な打ち合わせは都内に来る

ワークスタイルも本格化できるといいなと。

空想しながら。新たな学びや複業も含めて、

考案していく時期かなと思う春です。

コピーも含めて、時間のある時期に

「ちょっとこのあたりを相談したい」

「コピーライターと知り合っておきたい」

というお問い合わせもよろしければ。

〈緊急事態宣言中は、千葉で完全テレワーク中〉

コピーライター事務所「ナベドコロ」 渡辺さとし

4回の閲覧
  • Facebook
  • Instagram

MAIL

nave(at)likearolling.com

like.a.rolling.nave(at)gmail.com

〒272-0813 千葉県市川市中山4-18-6
東京の隣町、市川市を拠点として
東京都内中心に活動中。全国出張も可能です。

20文字から、2000文字まで。

価値が伝わるコピーライティングを。