検索
  • 渡辺さとし

ECに強いコピーライター


松戸なかまのアートディレクターと話していて、

広告を起点とした現状のマーケット分析として感じたこと。

まず前提として、

◯マス広告はレッドオーシャン


TVCMにしろ、新聞・雑誌広告にしろ、

スマホ全盛の時代に媒体の力が弱まる中で、

マス広告の影響力が低下していく現状下。

依然として媒体費は高く、たくさんの広告があるなかで、

莫大な広告費(と優秀な制作者)を使う企業だけが目立てる。

という意味では、成熟したマス広告は、

マーケティングの舞台としてレッドオーシャン。

若手中堅のコピーライター・デザイナーから見ても、

マス広告を得意とするライバルが多く、パイが減り続ける中で、

そこを主戦場にしても、5年後、10年後、生き残ってはいけない。

指標となるはず?の広告賞も、“審査員と受賞者が同じ会社”という

コンプライアンス的にどうなの?というブラックボックスなものがほとんどで。

◯魅力あるECはブルーオーシャン


ECサイトというと、Amazonや楽天をはじめ大手のサイトがありますが、

総合的なECサイトではなく、分野やターゲットをセグメントすることで、

特定の検索ワードに対する、TOP企業になることは可能であって。

合わせて検索された先に、

読みたくなる、見たくなるコンテンツを

掲載することで、莫大な広告費をかけずにも

目的を達成できる可能性は広がっていて。

HPをメディア化して、ECサイトとしての機能につなげる

という視点では、大手ではありますが、


無印良品


ほぼ日

は、成功例だと感じていて。ベンチマーク的に。

◯EC×WEBブランディングの重要性

ただ商品を載せるだけのECサイトではなく、

読む価値のある、見る価値のあるコンテンツをつくる。

という方向性。

ただ本を並べただけの書店がつぶれていく中で、

カフェを併設したり、あたらしい体験ができる

本屋は生き残るということに近いのかもしれませんが。

だからこそ、マス広告以上に、見る意味のあるコンテンツが重要。

そこには、広告出身のコピーライター・デザイナーだからつくれる

EC×WEBブランディングの可能性を感じていて。

つくる側も楽しいので、いいものができるという好循環も生まれると予想。

◯EC×独自性のある商品・サービス

その分、どこにでもあるような商品・サービスではなく、

人に知られる価値や魅力があることは前提にはなりますが。

どこにも負けない商品・サービスはあるけれど、

伝え方がわからない、マス広告を打つほどの予算はない。

という課題に対して、伝わるECサイトをつくるのは、

コピーライターだからこそできるソリューションの一つになるなと。

めざすべき方向性が見えてきたのは、大きな気づきでした。

ということで、WEBコピーが書けるコピーライター、

コピーライター事務所をお探しの方は是非お声がけください。

まずはコーヒーでも飲みながら、お話ししましょう。

ナベドコロ コピーライター渡辺さとし

#WEBコピーライター #コピーライター事務所 #東京千葉 #WEBブランディング #ECコピー

42回の閲覧
  • Facebook
  • Instagram

MAIL

nave(at)likearolling.com

like.a.rolling.nave(at)gmail.com

ナベドコロTOKYO
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-20-1 Floor002 ラン・リグ
ナベドコロTOKYO-BAY
〒272-0813 千葉県市川市中山4-18-6
ナベドコロSHINSHU
〒392-0001  長野県諏訪市大和1-6-26

20文字から、2000文字まで。

価値が伝わるコピーライティングを。