top of page

いろいろと、やることがあること。



最近、思うのは、“寄り道が楽しい”ということ。


例えば、打ち合わせや出張の帰りに、


何気なく寄った店のランチがおいしかったり。


旅行のメインで行った観光地の帰りに、


ちょっとした場所で意外な発見があったり。


ご当地限定のいやげものを買ってみたり。


そんな場所のほうが、記憶に残ったりするもので。






先日、とある取材でJR外房線のとある駅へ。


市川市あたりに住んでいると、


千葉駅よりも東京に出るほうが近いので、


千葉駅からさらに乗り換える外房線や内房線は、


ちょっと房総旅気分になるものですよね、と千葉あるある?


取材も早めに終わったので、


東京オリンピック「サーフィン会場」最寄りであった上総一宮駅へ。


と言っても、駅から数キロあるので徒歩圏内ではないですが。






ということで、以前から気になっていた


駅から徒歩10分ほどの「玉前神社」へ。



関東屈指のパワースポット「玉前神社」




“パワースポット”という定義がよくわからないのに


多くの人が訪れる感じは、うさんくささもあってわりと好きで。


機会があれば立ち寄ってみようと。個人的な見解ではありますが。


諏訪大社のお膝元出身なので、神社に行くのは趣味の一つでして。


でも、「神社に行って、お参りして、帰宅。」


となると、ものの数分で用事が終わってしまうので、


何かのついでに立ち寄るくらいのモチベーションではあり。


そこで、御朱印ブームにあやかって、御朱印をはじめてみたのですが。


一冊、コンプリートした時に思ったのが、


「御朱印帖って、何冊もあると保管に困るよね。なんとなく捨てにくいし」


というリアリストな感想で。とりあえず、一旦、ペンディング。


コロナ禍もあり、印刷された御朱印も多く、


「印刷機で刷られたプリントはなんだかな」とも思いつつ。







3周まわると願いが叶う!?「はだしの道」


玉前神社は、レイラインの最も東にあるため


「関東屈指のパワースポット」説もあるのですが。


細かい石が敷き詰められた道を、裸足になって


入口から時計回りに3周すると願いが叶うと伝えられる


「はだしの道」というアイデアは面白いなと。


真冬の寒空の下、裸足になって歩く時点でけっこう嫌なのですが、


“普通に足裏マッサージが痛い×3周”は、


我らのような中高年には、修行に近い時間ではあり。


“苦行に耐えて、願いが叶う & 健康にもいい”ので、 


ご近所にあったらいいなと思わされる神社ではありつつ。





吉方位の力が込められた、鉄分たっぷりご神水


神社の入口付近で、無料で自由にくめるご神水。


9日間続けて飲むと、吉方位の力を授かるのだとか。


社務所で購入した持ち帰り用ペットボトル(100円)を


購入して、持ち帰ることにしましたが。


※生水なので早めにお飲みください 


という注意書きがあって、なかなかシュール。


鉄分たっぷりなので、昔の東京都の水道水みたいなお味です。


信州から上京して、東京の水道水がまずかった思い出。


水が合わないとはこういうことか。という記憶が蘇る味。


貧血対策には良いのでしょうか?






関東屈指のパワースポット説・仲間の「三峯神社」の分社もありまして参拝。


秩父の山奥に行くのは大変だったので、分社でお願いいたします。







定食屋の海鮮丼が、けっこうおいしい。



混み合う時間を避けて、


上総一宮駅前の定食屋「タカラ亭」でランチ。


見た目は、けっこう昭和レトロな雰囲気なので、


そこまで期待していませんでしたが。


海鮮丼(1000円)が、けっこうおいしかったのは、


ありがたい裏切りでもありました。さすが房総。



いろいろと、やることがあること。は、


満足につながるので、観光やマーケティングを考える場合には、


ちょっとしたおまけ(おトク)ポイントがあるといいよねと


実感させていただいた、寄り道体験ではありました。



コピーライター事務所「ナベドコロ」 

東京・千葉・信州&WEB会議 渡辺さとし


ความคิดเห็น


Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page