ひさびさの福岡取材





一般的なコピーライターの方に比べると

取材ライティング的な仕事も多いのが

コピーライター事務所「ナベドコロ」の特徴ですが。


と言いつつ、フリーランスのコピーライターさんとは

一緒に仕事をしないので、予想ではありますけれども。


コロナ禍ですと、なかなか新しい出会いのようなものも

ないので、なんとなく焦燥感もあるものですよね。ひとりごと。


そんな中、緊急事態宣言も解除されて、徐々に遠方に出やすくなりつつ、

久々に(2年振りくらいに?)福岡出張のオファーをいただき。




オンライン会議をしていると、「移動時間はムダだよね」

「移動中は作業しにくいし、フリーだと損だよね」と

近場だと思ってしまうものですが、泊りの出張の場合は

なんだか嬉しくなってくるのは、遠足気分のようなものなのか。


現代はわかりませんが、小学生の頃の遠足って、

今、振り返ると「こどもの脚力じゃ厳しいでしょ?」

というようなけっこうな距離を(40代の脚力でも厳しいですが)

歩いていくという、軍隊の行軍訓練みたいな感じで。

でも、なんだか楽しかったのは、いつもと違う景色が見られるから?

なのか、「お菓子は100円まで!」とか言われて楽しかったような、

でも歩くのは辛いよね、ビックリマンチョコ、どうでもいい思い出ですが。






そんなわけで、前泊させていただいて(日帰り出張はキライ、笑)

川辺さんぽをしながら、「中州の屋台でとんこつラーメンを食べる」

くらいで、地味に満喫をしながら、ホテルへ帰っていくマジメさで。






下戸なので次の日にお酒残るし、

一人で飲むほど酒好きじゃない説。

飲むなら、後泊のほうがいいけれど、

そこまで余裕のある時代じゃないのは、

なんだか切ないですよね。ひとりごと。




福岡空港も、わりと楽しいですよね。




「北海道へウニ取材」の案件がコロナ禍で流れてしまったのが、

仕事面では、今年一番の心残りではあったなと振り返り。


そんな、どうでもいい記録を書けるような

ご時世になりつつあることに感謝しながら。



コピーライター事務所「ナベドコロ」 

東京・千葉・信州&WEB会議 渡辺さとし

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us