マイナビ転職「ラン・リグ」



“社長のはじめてのチャレンジを支援し続けたい”


をミッションとして、住宅業界をメインに

コンサルティングや事業開発を手掛ける「ラン・リグ」。





今回、マイナビ転職の取材ライティングを担当させていただきました。


メンバーではないのですが、忘年会に呼んでいただいたり、

都内オフィスに席を置かせていただいている

というご縁もありまして、思い入れのある企業ではありまして。



いい人がjoinしてくれるといいなと願いながら。

今回は、将来の幹部候補として

〈第二新卒〉くらいの若い世代に来て欲しい。


ということでして、もし興味がある人がいましたら

ぜひ応募していただければと思います。



「協力コピーライターを探している方」向けのHPですので、

若い世代の人がこのブログを読んでいる可能性は低いですが(笑)





ラン・リグの魅力は、

住宅業界の広いネットワークを活かして、


「0→1の新規事業に携われること」



失敗や成功を繰り返してきた渡邉社長に付いて

色々と学びながら、リアルなビジネスの中で

経験を積んでいけることにあります。


と、ここで語るよりも、マイナビ転職の原稿を

読んでいただいたほうが早いのではありますが。



項目が色々とありますが、個人的に好きなのは






スベッたり、ウケたり。またスベッたり。新規事業はネタづくりに似ている。



というタイトルまわりで。


渡邉社長のメッセージにもありますが


「人生すべてネタづくり」


を信条に掲げられていて。


この考え方を「0→1の新規事業に携われる」魅力と

掛けられないかと考えた、コピー案を採用していただいて。






“スベッたり”という、ある種でネガティブでありつつ、

ポジティブなワードは、引きがあるのではという考察もあり。


公開後、順調に応募も来ているそうで有難いことであるなと。











ジンギスカン面接で入社を決めた



採用担当である前村さんが

入社を決めたジンギスカン面接の

エピソードは以前からお気に入りで。


「面接で飲んだ魔王の味は忘れられない」

ビールを飲みながら、居酒屋で楽しそうに

語っていた前村さんお姿はどこか印象的で。


コロナ禍のご時世でジンギスカン面接も

やりにくい世の中ではありますが、

ラン・リグさんらしい話ですよねと。


もうすぐパパになる前村さんも面白い人なので、

話してみるだけでもいい経験かもしれません。

(もちろん相性もあるかと思われますけれど)


身内びいきみたいな話になってはいますが、


就活も、人生も、だれに出会えるかだと思う


というのは、個人的にも実感がこもっている想いではあります。



特に就職活動は、企業名で選んだとしても、

どこに配属されるか、だれの下につくのかルーレットで

その後の人生は大きく変わっていきますし。

自分では選べない、運次第な面は恐怖でもあり。


一方、やることが決まっていて

いっしょに働く人を選べるという点では、

大きくない企業のほうが働きやすいだろうなと。


若い頃は、なかなか気づきにくい視点ではありますよね。



そんなわけで、40代の転職マーケットは厳しそうなので、

コピーライターでいけるところまで頑張っていきたいと思います。



コピーライター事務所「ナベドコロ」 

東京・千葉・信州&WEB会議 渡辺さとし








が魅力 〈第二新卒歓迎〉将来の幹部候補を募集中!





https://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-164001-2-1-1/



Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square