大変だったよ、コロナ療養



3月は年度末進行などもありまして、

けっこう忙しかったこともあり、

なんだか昔のことのように感じますが。


2月下旬に、幼稚園児の息子が発熱して、

医者にいったところ、コロナ陽性。

自動的に濃厚接触者になりまして。


自宅待機(外出自粛)していると、

当時、0歳児の娘も発熱。

3日後くらいに自分も発熱。


ワクチン打ったし、大丈夫でしょ!と思っていると。

夜中に「40℃近い熱が出てたよ」と言われて。

調子が悪いので寝ていると、

すぐに元気になった息子と娘が

家の中で遊びまわっていたりはして。


狭い借家なので、休息しにくいし、

仕事しにくいですよねーということで、

一日で熱は下がったので、どうにかご近所で

診断していただける病院を妻に見つけてもらい、

みなし陽性の診断を受けて、保健所に連絡。


次の日に、保健所の方の車でホテル療養へ。


まだ家族がいたからよかったですが、

なかなかコロナ診察をしてくれる病院もないので、

調子が悪い中、探すのも大変、行くのも大変。


フリーランスですと、最近は基本オンラインですし、

あまり人に会う機会もないから大丈夫!と油断していたら

こどもからの家庭内感染は逃れようがないので恐ろしいものです。




快適で、さみしい、ホテル療養





ホテルは空いているところで選べないということでしたが、

運よく?舞浜あたりのわりとキレイなホテルに到着。


ホテルにつくと、すごい距離をとられて隔離されつつ、

(もう平熱だし、まあまあ元気ではありましたが)

自分が病原菌みたいで切ないですよね、と思いながらも。






3食Wi-Fiつきのホテルで5日間ほど療養。

不平不満は、シャワールームで

バスタブがないから寒いくらいで。

部屋は仕事もしやすいし、わりと快適ではありました。






もちろん、ホテルからは出られませんし、

移動はエレベーター前にお弁当を取りに行くときくらいで。

3食、ガッツリ目のお弁当が出る一方、動かないので、

筋トレでもしないと、健康的に?太っていく生活。





基本的に静寂な環境なこともあってか、

なんだかピリピリしている人が多いので、

オンライン会議をしていたりすると、

壁ドン床ドンしてきたりする人がいるのは不快でしたが。

(そんな大声で話してるわけでもないと思いつつ)





幸いなことに今まで入院したことはないのですが、

こういう感じなのかな、となんだかさみしくもなりつつ。


体調も問題ないということで、5日後に退所へ。

保健所と医療関係者の皆さまに感謝しながら、

京葉線に乗って、久々の我が借家へ帰りました。





5日くらいなら気分転換になっていいですが、

10日も隔離されているとなんだか切なくなりそうですよね。


自宅待機(外出自粛)はなかなか困るので

より感染対策には気を使っていきたいものです。

だれが悪いわけでもないですが、実際になってみると

人には感染させないようにしたいと思わされるもので。



コピーライター事務所「ナベドコロ」 

東京・千葉・信州&WEB会議 渡辺さとし

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square