広島平和資料館




ご縁があるのか、2年振りくらいの広島出張へ。

プライベートの観光でも来たことがあるので、3回目の広島で。


朝早くから撮影&取材ということで、

前泊させていただいて、




「広島焼きっておいしいですよね!」

「やっぱ、広島といえば牡蠣ですよね!」

と、しっかり出張を楽しませていただいて。

お酒は弱いので、あまり飲まないようにしながらも。


取材に関しては、興味深いお話をお聞きできましたので、

取材記事が公開OKとなりましたら、後日まとめようかと。





千葉からは新幹線を使っても片道5時間ほど

ということで、取材後、実費で後泊して

平和記念公園に立ち寄ってから、土曜の昼

空いた新幹線でレモンサワーを飲みながら、

のんびり帰宅しようキャンペーンを勝手に企画。






宮島や原爆ドームはベタに行ったことはあり。

広島平和資料館」は、なんだかつまらなそうだなと

若い頃は避けていたのですが、入場料200円だし、

時間もあるし、ちょっと見てみようか気分で入館。


基本的に、写真や資料の展示でしたので、

音声ガイド(400円)を借りて、

聞きながら見てみようとレンタルすると。


この流暢な語り口は聞いたことあるな。

おそらく、吉永小百合さんだなと。

物語が入ってくる、入ってくる。


音声を聞き返したりもしているうちに

1~2時間くらいは館内にいて、

急に戦争反対、原爆反対論者になって

いつか、子供たちにも伝えよう気分。


広島平和資料館に行ったら、

音声ガイドを借りたほうがいいですよ。

と、別に聞かれてもいないのにアドバイス。






原爆で亡くなった学童の写真とともにあった


「顔だけは綺麗だったことがせめてもの救いでした」


「恋も知らないまんま、焼き殺されたんです」


「遺骨も残してもらえませんでした」


という言葉は、両親の想いが伝わってきて、

親になった自分にとっては忘れられないものになりました。


N家の崩壊 

「生きていくしかありませんでした」


という言葉も、ものすごいリアリティがあって。


人が発する言葉の力を思い知った時間でもあって。



半分、趣味のとりあえずブログですが、

いつかまた読み返そうと記してみた次第です。



コピーライター事務所「ナベドコロ」 

東京・千葉・信州&WEB会議 渡辺さとし




Recent Posts
Archive
Search By Tags