愛知出張。そして、豊川稲荷。




関東では緊急事態宣言が緩和されたことも

あって、久々に愛知出張取材へ。






遠方の出張自体が1年ぶりくらいなので

仕事でもうれしいものではありつつ。


新型コロナ対策はきっちりしつつ、

新幹線が混むと怖いので、

空いている時間の「こだま」で

移動してみる万全(小心者)の姿勢。


出張先が豊川に近かったこともあり、

以前から言ってみたかった豊川稲荷に立ち寄り。






豊川稲荷の東京別院の融通金は

わりと有名かとは思いますが。

本院である豊川稲荷も気になっていて。


千葉人としては東京は都会すぎるので〈コロナ禍でもあり〉、

仕事以外はあまり行かないようにしていたりもしつつ(笑)

(若い頃は10年くらい住んでいたりはしましたが)


業績(金運)を上げるためにも、

金運系の神社仏閣に行きがちなのは

ひとりで心細いフリーランスあるある?

のような気もしますが(笑)



東海道新幹線「豊橋駅」から、飯田線に乗り換え「豊川駅」


元々が信州人でもあるからか、「飯田線で行くのか」と

なかなかのローカル線感に浸りながら豊川へ。

のんびりしたローカル線はわりと好きでもありつつ。






豊川稲荷を前面に出した、街のキツネ感はなかなか楽しいなと。


街のブランディングとしては参考になるなと。そんな仕事はきませんが。


この顔ハメパネル、一人旅じゃなかったらやりたかったなと。


歩いているうちに、豊川稲荷へ到着。駅から近いのもいいですよね。




織田信長や豊臣秀吉、徳川家康らも

信仰した日本三大稲荷のひとつ





日本最大○○とか。有名人御用達とか。

そういうタレント広告的なものに弱いのは、

古来からの日本人の風習なのかもしれませんなと

自分も乗せられて、わざわざ言っているので、

典型的な日本人なことを思い知らされつつ。







まずは本院にお参りさせていただき、奥の院へ。





1000体のお狐さんが祀られる奥の院「霊狐塚」







やはり数のパワーというのはすごいもので。

奥の院まで続く道自体が美しく、

アーティスティックな風景を眺めて

歩くだけでも、なんだか楽しくもあり。

ここはまた来たいなと思える場所でした。





そんなわけで、仕事運のお守りと福銭を授かりつつ。

名物のお稲荷さんをテイクアウトして豊川を後にしました。




コピーライター事務所「ナベドコロ」も仕事運UPして、

ナベドコロファミリーも金運UPするといいなと願いながら。

日々の仕事に感謝して、真摯に取り組んでいきたいと思います。



コピーライター事務所「ナベドコロ」

東京・千葉・信州&WEB会議 渡辺さとし





Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square