有名と無名の間



例年、秋から年末くらいにかけての時期は、

土日もないくらい働いていたものですが(回想)。


今年はコロナショックもあり(売れてないだけ?)、

土日休みの平常運転で、健康的に暮らしている日々。

忙しすぎると家族(妻)と不和になるので、

その点はメリットなのかもしれませんが。

コロナ禍でもご依頼いただける皆さんに感謝をしながら。

もう少し、案件を増やしたいなと、

クラウドソーシングのサイトを検索してみたりすると。

稀に条件の良い案件があったりするので、宝探し気分で。


応募条件が「TCC賞受賞レベル」

コンセプト・キャッチコピー・タグライン等

諸々一式で、5万円以内の見積もり。


「TCC会員レベルの人もクラウドソーシングする時代?」

どうにもこうにも気になってしまったので、

取材も兼ねて?問い合わさせていただくと、


「最近ではTCC会員の皆さんもランサーズやクラウドワークスに登録していますよ」

と、丁寧なご回答をいただいて、良い方なのだなと感謝しながら。




試しに検索してみると、確かに。なるほど。

TCC賞だけでなく、ものすごい受賞歴の方もいらっしゃって。

「メジャーな方でもクラウドソーシングに登録しないといけない時代なのか?」

「コロナ禍だから? 趣味的に、副業的に登録されただけなのでしょうか?」

「一流の人には、一流の仕事が依頼される隠しセレブ機能があるのか?」


と疑いつつも。クラウドソーシングは、ローコストのイメージが強かったのですが、

逆にすごいレベルのコンペになっているのですね。令和は厳しい世の中ですね。



若手の頃は、TCC新人賞は一流コピーライターの登竜門

という存在だったので、なんだかショックでもあり。


ノミネート数回した頃、世の中の仕組みを知って、

「ナベドコロは違うルートに行こう!」と、見切りましたが。

個人的には、若手時代の思い出で。どこかノスタルジックでもあって。



職業柄、コピーライターの人といっしょに仕事することは少ないので、

あまり実感していませんでしたが、マス広告主体のビジネスというか、

従来型のコピーライターの限界のようなものを改めて感じてしまったわけで。

地味な出来事でしたが。個人的には転換点になりそうだなと思い。

「広告賞を獲ったら、一流。自然と仕事が舞い込んでくる?」


というかつてのブランディングが機能しにくくなった現在。

改めて考えてみると、広告賞といっても広告業界以外の人は

ほぼ知らないわけで。逆に自慢気で、敬遠されるリスクもありそうで。

いまだにコピーライターと言えば、糸井重里さんという世間のイメージもあって。

企業や商品のブランディングをサポートさせていただく、

コピーライター個人のブランディングも重要すぎるほど重要で。

時代が変わる中で、コピーライターとしても、

ビジネスマンとしても、変わり続けていかないとならないなと。

無名な自分に、ご依頼いただける仕事に対して、

より真剣に取り組んでいこうと決意したナベドコロです。


コピーライター事務所「ナベドコロ」 

東京・千葉・信州&WEB会議 渡辺さとし



〈率直な感想でして、もし不快な表現がありましたら申し訳ありません〉

〈無名コピーライターのブログを有名な方は読まないかとは思いますが〉

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook
  • Instagram

MAIL

nave(at)likearolling.com

like.a.rolling.nave(at)gmail.com

5文字から、5000文字まで

価値が伝わる、コピーライティング

ナベドコロTOKYO
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-20-1  ラン・リグ
ナベドコロTOKYO-BAY
〒272-0813 千葉県市川市中山4-18-6
ナベドコロSHINSHU
〒392-0001  長野県諏訪市大和1-6-26