top of page

生成AI時代の広告






生成AI、コピーライター

「AIで多くの仕事がなくなる」と言われて久しいですが、

個人的にも、「生成AIでライターの仕事がなくなる」という

危機をヒシヒシと感じながら、あと10年くらいは、

(せめて5年くらいは!)コピーライターとして生きていきたい。

と願ってはいたりする、年の瀬です。


投資もしながら、50代60代になっても続けられる

副業も考えたいなと保守的にもなりながら。


長かったコロナ禍も明けて、やや景気が戻った感は

あったような気がしないでもない2023年ではありました。


そういった心持ちもありまして、生成AIに関する書籍を読んだり、

YouTubeで生成AIのコンテンツを見ていたりもしまして。


何か“コピーライター×生成AI”でうまくサービスを

つくりたいなという下心のようなものもありつつ。




生成AI、コピーライター

『生成AI 社会を激変させるAIの創造力』著・白辺陽


を読んでいて特に気になったのが、表題でもある





生成AI時代の広告


生成AI、コピーライター

Googleなどの検索エンジンから、

ChatGPTなどの生成AIの相談へ


インターネットに生成AIが組み込まれることで、

検索連動型のリスティング広告や、

SEO対策の比重が減っていき

正にユーザーが求める情報を発信する

HPなどが優先表示されるようになるとのこと。


まだ生成AIの情報正確性に課題はありますが、

ジャンルを絞ることなどで、改善されていくのでしょうね。


検索エンジンの覇権を握ったGoogleが莫大な富を得たように、

世界の天才たちが生成AI市場の覇権を奪い合っているのは、

次世代プラットフォームの覇者となるためなのかと、

OpenAIのニュースを見ていて納得することができました。




画像も、動画も、コピーも、AIがつくる時代に



生成AI、コピーライター

文章やコピーはもちろん、

画像も、動画も、AIがつくれる

ようになっていくのは明白であって。


「〇〇賞受賞のクリエイターですけど、何か」などとは

言っていられない世の中が、数年後には

来そうではあるという印象ではありました。


「生成AI コピーライターの○○○○です」

「画像生成AIデザイナーの○○○○です」

みたいな職種が今後は生まれていくのでしょうか。

もうすでに最先端の会社ではあるのかもしれませんけれど。


そうした未来の中で、ディレクター的に要件定義やヒアリングを

しながら、生成AIを活用していくポジションになるのか。

生成AIではできないような仕事に転職するのか。

コピーライターのような職種は特に、決断していく時期かもしれません。


取材・ヒアリングからのコピーライティングと

修正対応に関してはまだコピーライターが必要な気はしながら。


生成AIをうまく活用できるように日々、学んでいきたいと思います。




コピーライター事務所「ナベドコロ」 

東京・信州&オンライン 渡辺さとし


Comments


Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page