Rodina HP制作 -10年あれば変えていける-

あり

“Create New Value(ないものはつくる)”を企業理念とし、

リワーク支援、就労移行支援、相談支援などの

サービスを提供するRodina(ロディーナ)様。


チェコ語で「家族」を意味するRodinaという社名が示すように

困っている人に寄り添うサービスを届ける企業です。


一人ひとりに寄り添いながら、その人らしい働き方を、

生き方を応援していく、素晴らしい事業だなと感じながら。


今回、企業HPと採用HPの取材&コピーライティングを

担当させていただきましたのでレポートとしまして。





よくある話かとは思いますが、

自分自身も身内に障害をもつ人がいるため、

個人的にも福祉業界の仕事には興味があり。

微力ながらも役に立つことできたならば幸いだと願いながら。


担当する業界を選びにくい仕事ではありますが、

社会に貢献している企業やサービスに関われるのは、

やりがいの一つではあるような気はしています。


そうした想いから応募される方も多いそうで。

採用サイトを作成しつつも、成長企業でもあり、

現状でもこの求人倍率では、自分は入社できないなと感じつつ。


40代未経験で転職できる企業自体、少なそうですが(笑)

広報担当やライター枠でなら、なんとかなるのかな?と希望的観測。天体観測。







常識や当たり前は、10年あれば変えていける




社員様インタビューの場合、ほとんどが若い世代の方ですので

基本的には緊張せずに進められるものではある一方。


やはり企業を立ち上げられるようなアグレッシブな方は緊張するもので。

30代で起業して、事業を軌道に乗せられている時点で、

尊敬のまなざしを隠せない面もありつつ、インタビュー。


ゼロから新しい価値を社会に生み出す起業家の方は

憧れもあるので、お話を聞くだけでもありがたいもので。


一時間弱ほど、お話を伺わせていただいた中で

個人的に印象に残ったのが、見出しにもなっている

「常識や当たり前は、10年あれば変えていける」

というパワーワードでした。


確かに10年以上前は、セクハラ・パワハラ当たり前

みたいな世の中でしたが、かなり環境は変わってきていて。

いまだに昭和風情の残る会社もありますが、

若い世代に支持されないので淘汰されていくだろうなと。


10年前は、スマートフォンも持っていなかったし、

テレワークやハイブリッドワークなんて、論外でしたし。

オンラインで会議や採用面接をやるようになるなんて、

考えてみたら、ものすごい進歩ではありますよね。


10年後は、自動車の自動運転なども実現されていて、

VRやメタバースも進化して、リアルにどこに住んでいてもよくなって。

ベーシックインカムのようなものが導入されて、

だれもが自由に生きているような世の中になっているといいですよね。

と希望的観測。天体観測。2回目。


とりあえず、世の中を変革していくようなパワーは

私個人には皆無なので、期待をするだけではありますが(笑)









社員の皆様もポジティブな方が多く、

いいお話をいただけたのも、いい思い出です。

魅力的な方多いからこそ、評価されているのだなと実感しつつ。



※勝手に1記事1000文字超設定にされて、

「そんなに書くネタないですけど!?」

と困るケースもありがちなので(笑)



ちょっとした自分のようなコピーライターも、

世の中の役に立てるのなら有難いなと感じた仕事でした。




コピーライター事務所「ナベドコロ」 

東京・千葉・信州&WEB会議 渡辺さとし



Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square