top of page

Wantedly コピーライター プロフィール改定




2010年くらいにフリーランスのコピーライターとして独立しまして。

13年くらい、コピーライター事務所「ナベドコロ」の活動をしていますが。


開業10年後では88.4%がフリーランスを廃業しており、

10年生き残ることが出来るのは、約10%弱のフリーランスだけ

という話もある中で、意外にしぶとく生き残っているなと感じつつ。



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

中小企業白書よりフリーランス(個人事業主)の廃業率をご説明致します。


・開業1年後:フリーランスの約30%が廃業

・開業3年後:フリーランスの約65%が廃業

・開業5~6年後:フリーランスの約75%が廃業


開業10年後では88.4%がフリーランスを廃業しており、

10年生き残ることが出来るのは、約10%弱のフリーランスだけです。


引用元:フリーランススタート(https://freelance-start.com/articles/78)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



忙しい時期は忙しく、ヒマなときはヒマなものでして。

年末年始は、新規の案件が動きにくいこともあり、

「2024年に向けて、新しい相談が来るといいな」と

期待をしながらSEO対策をしてみたりもしながら。


一般的なライターさんと違って、若干、

特殊な分野でもあるコピーライターは

ピンでの営業がしにくいのは課題でして。


以前から使わせていただいているのが、Wantedly

採用プロットフォームとしてはメジャーですので、

今更、紹介するまでもないので詳細は割愛しますが。




Wantedly コピーライター プロフィール改定



コピーライター
wantedly



Wantedlyの素晴らしいところ(ベネフィット)は、

検討している企業で働く人とストーリーが見えることで。


1 on 1ではないのですが、なんとなく1 on 1な気分で

親近感を持って、検討したり、応募ができることだと感じています。


先日も、Wantedlyきっかけで代表の方と

オンライン面談させていただきましたが、想定通りの魅力的な方で。

ぜひ一緒に仕事をしていきましょう!」という流れではありまして。


リモートで活動できるコピーライターの仕事を増やしていきたいので、

オンラインのツールとは相性がいいなと、感謝させていただきながら。



その中で、気になっていたのが、個人のプロフィールで。

時系列で動画・画像なども入れながらストーリー化できるため、

その方の人となりのようなものが見えるのは面白いなと感じていて。



コピーライターとしてどちらかというと、

制作パートナーとして応募する側なので、

それほど、力を入れていませんでしたが。


「もしかしたら、どなたかの目に留まるかもしれない」と、

婚活のマッチングアプリくらいの期待感(既婚なのでやったことないのですが)で

自らの半生を振り返りながら、過去分を含めてプロフィールを追記してみました。






なるべくしてフリーランスに


コピーライター
ナベドコロ期

2000年代は、広告業界がハイパーブラックで

パワハラ真っ盛りだったりしたこともありまして。


同じ組織に3年以上いたことがないなと、

俯瞰してみると会社員に向かないからこそ、

フリーランスになっているのだなと実感。


あの頃はボブディランのLike a Rolling Stoneを

テーマ曲に、悩みながらも東京で自由に生きていた記憶。

それは、それで、楽しかったような気もしながら。




会社員とか、フリーターとか


所属・役職:Like a Rolling Stone


大学卒業後、広告制作会社に入社。

コピーライター志望が通らずアシスタントディレクターに。

宣伝会議のコピーライター養成講座に通いながら、

(こっそり?)転職を目指すものの、未経験なのでなかなか厳しい世の中。

当時は特に仕事がなくても上司が帰らないと帰れない(ほぼ日々終電)ような

パワハラ横行時代だったので、嫌になって辞職(若さもあったのか無頼派)。


フリーターをしながら、どうにか小さい広告制作会社に潜り込んだり、

パワハラが嫌で辞職したり、転職したりしながら、人生を転々としていた数年間。

この時期が、人生で一番、紆余曲折していたような気がします。

Like a Rolling Stone




このあたりは、個人的にはわりと好きなので自ら引用させていただきました。




コピーライター
フリーランス前期



コピーライター事務所「ナベドコロ」 

東京・信州&オンライン 渡辺さとし


Kommentare


Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page