ナリワイで働く人にとって、

「仕事だからさ」「お金のために」

と割り切ることも、ある意味で、

プロフェッショナルだと思います。

 

それでも、たとえ仕事でも、

同じ時間と目的を共有して、

協力しながら、企画し、

制作し、アウトプットしていく。

 

それはきっと、鍋(ナベ)を

つくるような時間に似ていて。

仕事でも、プライベートでも、

「ナベを囲むようにいきる」

ことをめざしていきたい。

「ナベドコロ」という屋号に、

そんな願いを込めています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

sozai_cman_jp_20190521104924.png