落合陽一でござる


落合陽一先生の講演「AI時代を楽しく生きる」

朝日地球会議2019で、in帝国ホテル。





AI関係の話かと思いきや、

会場に来ていた10代の若者世代の質問に対して、

スライドを絡めつつ、トークを展開するセッション形式。


日常から学生を相手にしているからか、

進行形の質問を受けて、話を広げていく

構成力は、さすが現代の魔術師。




特に気になったのが、


早い時期に熱中できる対象に出会える環境をつくることが、教育には重要。

という話は、親世代になると痛感するもので。

自分の場合は、わりと勉強はできたほうだったので、

大人世代の言う通り、進学校に行って、大学に行って。

就職活動の時に、「どんな仕事に付きたいのか?」と

自己分析的なことをして、色々とあって。

まあまあやりたい仕事だった

コピーライターになれたのが25~26歳の頃で。

今、振り返るとIT系の仕事を先駆けてやっていれば

一財産を築くことができていたかもなと回想。

「キミは何がスキ?、どんな研究がしたい?」



筑波大学の場合、一年生から研究室に所属できるそうなのですが、

落合陽一先生が受験で凝り固まった学生に

投げかけるのが上記のような質問で。


決められたことを真面目にやってきた18歳にとって、

自分で自分のやりたいことや道を考えるというのは

最初はうまくいかない工程ではあるとのことで。


そういった問いかけを小さい頃からやっていられれば

もっと早い段階で、道を切り開くことができるだろうし、

専門性を高めたり、準備に時間をかけることができる。


逆に考えるとサラリーマンになるために、大学に通う必要もない?とも言えて。



今の時代を生きる若者には当たり前の思考法かもしれませんが、

もっと若い頃に、たとえば高校生の頃に、そういった視点を得ていたら

今いるポジションも違っていたような気もしていて。



息子にはそういう機会を創ってあげたいなと思わされた

有意義は1時間ほどの講演ではありました。


一番、気になったのは、落合陽一先生が

「◯◯◯でござる」と言った部分だったりはしつつ。



コピーライター事務所「ナベドコロ」 東京・千葉 渡辺さとし


Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook
  • Instagram

MAIL

nave(at)likearolling.com

like.a.rolling.nave(at)gmail.com

5文字から、5000文字まで

価値が伝わる、コピーライティング

ナベドコロTOKYO
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-20-1  ラン・リグ
ナベドコロTOKYO-BAY
〒272-0813 千葉県市川市中山4-18-6
ナベドコロSHINSHU
〒392-0001  長野県諏訪市大和1-6-26